img_02

工場の求人の試用期間は?

労働基準法上、働きはじめてから最初の2週間は試用期間となっています。

2週間というのは、最初の14日間という意味で、休日は含まれません。

工場の求人に出会えて満足です。

試用期間というのは、勤務態度や能力を見て、本採用をするかどうかを決めるための期間のことです。

試用期間中だからといって、自由に会社の都合で解雇をしたり、労働者の自己都合で退職したりすることができるわけではありません。
試用期間といっても、「客観的合理性」と「社会的相当性」がなければ解雇は認められません。


具体的には、経歴を詐称していたとか、勤務態度が悪いといった理由です。



しかし、一般的には試用期間中は解雇もしくは自己都合退職が認められやすいのが特徴です。
工場の仕事の場合、ライン作業などですと、どうしても身体能力が足りず仕事についていけないということが起こります。

産経ニュース情報の失敗しない選び方を紹介します。

その場合には、無理に続けて身体を壊しても大変ですので、即日で辞めるということはよくあります。

試用期間が過ぎれば本採用となり、解雇には「30日前予告もしくは手当ての支払い」が必要になります。

労働者の都合での退職の場合、2週間前に申し出る必要があります。
工場の求人に応募したときには、試用期間についての説明がされないことも多いですが、これは一般常識として知っておきましょう。

工場の求人では寮付きの求人も多いですが、寮に入ったら会社都合で急に解雇されて部屋を追い出されるということは死活問題となります。

試用期間が過ぎて解雇される場合には1ヶ月前に予告があるということを知っておけば、少なくとも1ヶ月は次の仕事や部屋を見つけるための猶予があるということがわかり安心して働くことができます。